コラム

ペットに最適なフロアコーティング

大切なペットは家族の一員です。いつまでも健康に過ごして欲しいですよね。

その為にも、ペットの負担はなるべく軽減して、快適で過ごしやすい環境を整えてあげることが大切です。

そこで、ひとつの対策として、フロアコーティングがあります。

ペットに関するフローリングの悩み(滑りやすい、ケガ、ツメによるキズ、おしっこなどのシミ)を解消できます。

人とペットの双方が快適に過ごせるフロアコーティングのポイントをご紹介していきます。

適度なグリップ力でケガや転倒防止

ペットにとって滑りやすいフローリングは、ケガや病気につながる可能性があります。
転倒やケガの危険性を減らすためにも、グリップ力(防滑性)のあるフロアコーティングを選びましょう。

長期間、滑りやすい床で過ごしてしまうと、関節に負担が掛かってしまい最悪の場合、ケガや病気に繋がる恐れがあります。
また、滑って転んだ事による骨折や階段から滑り落ちてしまうといった、事故も起きかねません。

ペットに相応しい、滑り止め効果のあるフロアコーティングは、関節や足腰の負担を減らし、
ケガや転倒防止にも効果があります。

グリップ力(防滑性)は、ペットの健康の維持のためにも、重要なポイントだといえます。

ここでひとつ注意しておきたいのは、グリップ力が強すぎると、かえって足が突っかかりやすくなり、
歩行しづらくなる場合があります。なので、適度なグリップ力があるフロアコーティングを選ばれることをおススメします。

掃除が簡単でいつでも清潔

ペットとの暮らしの中で、掃除は欠かせないものですよね。食べこぼし、トイレ以外での粗相、抜け毛、その他の突発的な汚れなど、
直ぐに気づいて掃除が出来る時はいいのですが、時間が経った汚れは、落としにくく、フローリングに染み込んでしまい、
シミや臭いの元になり、見た目や衛生的にもよくありません。

そんな大変なお掃除、少しでも簡単に出来たらいいですよね。

高い耐水性と防汚性のある、フロアコーティングなら、撥水効果で汚れがフローリングに染み込まないので、
シミや臭いが残らず、サッと拭き取れます。

また、耐薬品性のおかげで、アルコールを使ったお手入れも可能です。
しっかりと除菌、消毒が出来るので、衛生的にも安心ですね。

フローリングをキズから守る

一般的なフローリングは、耐久性が低く、ペットが元気よく走り回ればキズだらけになってしまいます。
時には、修復が困難な場合もあり、飼い主にとっては悩みのタネではないでしょうか。

フロアコーティングは、耐久性、耐傷性ともに高く、フローリング本体に致命的なキズが入るのを防いでくれます。
その中でも、ガラスコーティングは塗膜が非常に硬く、キズに強い特徴をもっています。

ある程度のキズはつきますが、硬い樹脂膜で覆われている為、フローリング本体へのダメージは防げます。

舐めても安全

ペットは、フローリングに落ちてしまったエサやこぼれてしまった水を、拾って食べたり、舐めてしまうことがあります。
ですので、コーティングの素材は安全性の高いものを選びたいですよね。
そこで大事なのは、第三者機関による安全が保障されているかどうかがポイントです。

F☆☆☆☆(シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの放散量を等級化したもの)がついているものだと安心です。
その他にも、食品衛生法や食品添加物などの規格基準に適合しているものや、
SIAAマーク(抗菌製品技術協議会が制定したシンボルマーク)等がついているものがあります。

これに加え、フロアコーティングは完全に硬化すれば、有機物質が揮発したり、溶け出すことがないので、
万が一舐めてしまっても問題ありません。

ペットにも人にも快適な住環境を

生涯のほとんどを家の中で過ごすペットが、快適で安全に暮らせる住環境にする為に、フロアコーティングはおススメです。

滑りにくい床で転倒防止。

撥水効果で食べこぼしやおしっこが染み込まず、臭いも防ぎ、掃除もラクラク。

硬い塗膜でフローリング本体への傷つき防止。

安全性が高い素材だから舐めても安心。

ペットにとってのメリットは、一緒に暮らす家族のメリットでもあります。
お互いの負担を減らし、末永く健康に過ごしていくために、是非フロアコーティングを検討してみてはいかがでしょうか。

ページトップ