コラム

フロアコーティングの種類と特長

フロアコーティングといっても、様々な種類があるので、「フロアコーティングをやってみたいけど、どれを選べばいいかわからない。」「どんな違いがあるのか知りたい。」と、疑問に思うことも多いのではないでしょうか。

  • エスガラスコート(プレミアムガラスコーティング)
  • エスコートUV(UVコーティング)
  • スーパーシリコンコート(シリコンコーティング)

これら、3つのフロアコーティングの特長をご紹介したいと思います。

エスガラスコート

エスガラスコート(プレミアムガラスコーティング)は、塗膜の硬さが非常に高く、傷に強いところが最大の特長になります。

当社フロアコーティングの中でも最も硬度が高い為、傷が付きにくく、長い耐久性が得られます。
日常生活で生じる、椅子の移動による引きずり傷、スリッパでの歩行によるすり傷、ペットの爪によるひっかき傷も付きにくくなります。


またF☆☆☆☆を(食器と同レベルの安全性)取得しており、万が一舐めてしまっても健康に影響はありません。
その為、赤ちゃんや小さなお子様、ペットのいるご家庭におススメです。
もし床を汚してしまっても、除光液やアルコールを使ったお手入れも出来るので、常に清潔に保つことが出来るのも安心ですね。

見た目の違いとして、エスコートUV(UVコーティング)、スーパーシリコンコート(シリコンコーティング)は光沢仕上げしか選べませんが、エスガラスコートは、唯一仕上がりを、光沢仕上げか光沢が抑え目なマット仕上げから選ぶことが出来ます。

光沢タイプ
マットタイプ

エスコートUV

エスコートUV(UVコーティング)は、高い耐久性と速乾性が最大の特長になります。

エスガラスコートとスーパーシリコンコートは、自然乾燥で硬化させるのに対して、エスコートUVは、唯一、紫外線照射機という機材を使って硬化させるフロアコーティングになります。
紫外線照射機を当てることで、瞬時に硬化する為、乾燥時間が短く、速乾性に優れています。
その為、施工後、すぐに家具の搬入や移動も可能です。
引っ越しまでに時間がない方、入居を急いでいる方、入居済みの方に、おススメのフロアコーティングになります。

紫外線照射機を照射中

コーティングの塗膜が厚く、紫外線の硬化による強い密着性のおかげで、高い耐久性を誇っています。
20年以上の耐久年数があるので、塗りなおし等の手間が無く、長期にわたってメンテナンスフリーで過ごせます。

エスコートUVは、超光沢な仕上がりも特長の一つといえます。
光沢があると、お部屋全体が明るく見え、高級感のある美しい仕上がりになります。
その他のコーティングの中でも、光沢があるので、見た目の満足感も感じやすいフロアコーティングです。

適度なグリップ力(防滑性)があるので、フローリングが滑りにくくなり、お子様や、高齢者の方、ペット等の転倒やケガのリスクを防いでくれます。

優れた耐薬品性のおかげで、中性洗剤、アルコールを用いた掃除はもちろん、塩素系の薬品を使った掃除も可能です。

スーパーシリコンコート

シリコンコーティングは、高い滑り止め効果が特長になります。

滑り止め効果(防滑性)が高いと、走り回る小さなお子様や、足腰が不安な高齢者の方の、転倒のリスクを軽減することが出来ます。
また、ペットの関節にかかる負担を軽減してくれるので、ケガや病気の危険性を下げることが出来ます。

お子様の落書きなどや、ペットの粗相なども、水拭きやアルコール除菌などで、サッと掃除が出来るので、毎日のお手入れが簡単になります。

仕上がりは光沢感のあるフローリングになります。同じく光沢感のあるUVコーティングと同等の光沢感となります。

光沢感のある仕上がり

エスガラスコートやエスコートUVに比べて、スーパーシリコンコートは価格がリーズナブルで、標準的なフロアコーティングの機能を備えている為、コストパフォーマンスが高いコーティングになります。

まとめ

それぞれのフロアコーティングには一長一短があるので、主な特長を確認したうえで、目的やコストに応じたフロアコーティングを選びましょう。
ライフスタイルに合った、フロアコーティングを選ぶことで、綺麗を保ちつつ、快適な暮らしを楽しむことが出来ます。
コーティング選びに迷ってしまったら、ショールームを見学したり見積もりやパンフレット、サンプルを送ってもらうのもおススメです。


ライフスタイルに応じて、フロアコーティングの種類を選んでみてくださいね!

ページトップ